ワクチン開発、首相がWHO事務局長に支援要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は30日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と約45分、電話で会談し、世界的な感染拡大を収束させるには「治療薬及びワクチンの開発が重要だ」と訴え、WHOが開発を支援するよう要請した。テドロス氏は「WHOは開発について統括して進める」と応じた。

 会談は、テドロス氏の要請で行われた。

 首相は治療薬の開発に関し、富士フイルム富山化学(東京都)が製造する新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、「今後、希望する国と協力しつつ、臨床試験を進める」との意向を伝えた。WHOには各国の研究開発について、「重複をなくし、注力すべきエリアを示す」よう求めた。

 首相はまた、「WHOと引き続き情報共有等で緊密に連携していきたい」と呼びかけた。テドロス氏は日本の取り組みについて、「首相のリーダーシップにより政府が一体となって対策を効果的に進めている」と評価した。

 日本政府によると、緊急事態宣言については話題にならなかった。

無断転載禁止
1137978 0 政治 2020/03/30 20:35:00 2020/03/30 22:40:12 2020/03/30 22:40:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ