邦人、50か国で4000人超が帰国できず…他国と共同で支援急ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茂木外相は3日の衆院外務委員会で、新型コロナウイルス感染拡大による国境閉鎖や国際線の運航停止により、約50か国で4000人を超す日本人が帰国できなくなっていると明らかにした。政府は他国とチャーター機を共同利用するなどし、帰国支援の取り組みを急ぐ考えだ。

 茂木氏は、約4000人のうち約3000人は臨時便や民間のチャーター機で帰国するメドが立っているが、残る1000人程度は帰国手段が決まっていないと説明した。

 ペルーでは、3月16日に国境が閉鎖され、日本人旅行者約260人が出国できなくなった。このうち133人は旅行会社や台湾が手配したチャーター機で29日までにメキシコや米国に出国したが、残る約130人は地方都市にいるなどの理由で出国できていない。

 4月2~3日には、ポーランドから約150人、バングラデシュから327人、ウズベキスタンから174人の在留邦人らが帰国した。ポーランドについては、日本から帰国できなくなったポーランド人のために同国政府が手配したチャーター機の往路を利用した。茂木氏は3日、同国のチャプトビチ外相と電話会談し、「深い友情関係の象徴となる協力だ」と謝意を伝えた。

 帰国できない日本人が少人数の国・地域も多く、茂木氏は同委員会で「他国のチャーター機に乗せてもらったり、共同で派遣したり、様々なオペレーションを検討したい」と語った。

無断転載禁止
1146569 0 政治 2020/04/03 19:52:00 2020/04/03 20:31:10 2020/04/03 20:31:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ