町長、20万円受領で辞職願「捜査に協力する」…地検が聴取

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の河井案里参院議員(46)(広島選挙区)が初当選した昨年7月の参院選を巡り、広島県安芸太田町の小坂真治町長(71)が7日、町議会議長に辞職願を提出した。今月2日、参院選の公示前に夫で同党衆院議員の克行・前法相(57)から現金20万円を受け取ったと、報道陣の取材に認めていた。小坂町長は「道義的責任を取った」と話している。

 小坂町長によると、昨年4月下旬~5月頃、自宅に来た克行氏から封筒を受け取った。河井夫妻から選挙の支援目的で現金を渡されたとされる県議らを広島地検が任意で聴取しているとの報道を受け、今年3月28日頃、封筒を開けて現金が入っているのを確認。自らの後援会への寄付として、政治資金収支報告書に記載する手続きを取っていた。

 小坂町長は辞職願提出後、地検の聴取を受けたことを報道陣に明らかにし、「捜査には協力する」と語った。

 小坂町長は現在3期目。3月上旬、10月18日投開票の町長選に出馬せず、引退する意向を表明していた。

無断転載禁止
1154275 0 政治 2020/04/08 12:08:00 2020/04/08 12:08:00 2020/04/08 12:08:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ