緊急事態宣言、愛知県を追加の方向…政府高官「考えざるを得ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は9日、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言の対象区域に、感染者が増加している愛知県を追加する方向で検討に入った。専門家による「基本的対処方針等諮問委員会」の意見を踏まえて、感染拡大の状況を見極める考えだ。

 7日に発令された緊急事態宣言は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象となっている。政府高官は9日、愛知県を加えることについて「考えざるを得ない」との認識を明かした。

 菅官房長官は同日午前の記者会見で「対象地域については、感染状況を踏まえて専門家の意見を聞かなければならない」とし、諮問委の開催については「まだ決まってない」と述べた。

 緊急事態宣言の対象地域を追加する場合、諮問委を開催し、追加地域の感染拡大を分析して緊急事態に該当するかどうかを評価してもらう。諮問委が認めれば、安倍首相が追加で宣言を発令することになる。

無断転載禁止
1156647 0 政治 2020/04/09 13:19:00 2020/04/09 15:16:17 2020/04/09 15:16:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ