読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

30万円の臨時給付金、基準全国一律に…総務省がコールセンター設置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が減少した世帯への30万円の「生活支援臨時給付金」について、総務省は10日、支給対象の基準を全国一律にすると発表した。これまでの基準は複雑で、地域によって対象に違いが出る恐れもあった。今回の簡素化で迅速な支給につなげたい考えだ。

 従来の基準は、世帯主の2~6月のいずれかの月収が、〈1〉減収により年間に換算すると住民税の非課税水準になる〈2〉半減して年間に換算すると住民税の非課税水準の2倍以下となる――のどちらかに当てはまる場合としていた。しかし、非課税の水準は市町村ごとに異なり、同じ減収額でも支給の可否が分かれる可能性があるとして見直しを求める声が出ていた。

 新たな基準では、例えば単身世帯では、月収が10万円以下に、もしくは半減して20万円以下に減少すれば非課税水準と見なし、支給対象とする。扶養家族が1人増えるごとに基準額も上がる。

 総務省は10日、一般からの問い合わせに応じるため、コールセンター(03・5638・5855)を設置した。受け付けは平日午前9時~午後6時半。

無断転載・複製を禁じます
1159259 0 政治 2020/04/10 22:37:00 2020/04/10 22:37:00 2020/04/10 22:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)