読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

所得制限なし一律10万円の現金給付、首相前向き…公明・山口代表が提案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

首相官邸に入る安倍首相(15日)
首相官邸に入る安倍首相(15日)

 安倍首相は15日午前、首相官邸で公明党の山口代表と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う追加の経済対策について協議した。山口氏が所得制限を設けず、国民に一律10万円の現金を給付するよう求めたのに対し、首相は「方向性をもって、よく検討したい」と述べ、前向きな意向を示した。

首相官邸に入る公明党の山口代表(15日午前)
首相官邸に入る公明党の山口代表(15日午前)

  山口氏は会談後、記者団に「政府が緊急事態宣言を発してから、広範な深い影響が社会、経済に及んでいる。国民に連帯のメッセージを送るという趣旨で首相に決断を促した。積極的に受け止めていただいたと理解している」と説明した。

 政府は、感染拡大で減収となった世帯に「生活支援臨時給付金」として30万円を支給する方針を決めている。個人を対象にした一律10万円の給付が追加されれば、家計支援は一層、手厚くなる。ただ、高額所得者も恩恵を受けることに対する批判もある。

 政府・与党は、生活支援臨時給付金を盛り込んだ2020年度補正予算案を今月下旬に成立させ、5月中に支給することを目指している。支給に当たっては、世帯主や、世帯主以外で家計を支えている人の減収幅を判断基準とする予定だ。

 追加の現金給付について、首相は山口氏に「補正予算案を速やかに成立させた上で検討したい」と伝えた。自民党の二階幹事長は14日、所得制限を設けた上で1人当たり10万円の給付を求める意向を表明しており、政府は検討を急ぐ考えだ。

 菅官房長官は15日午前の記者会見で、「すでに決定した補正予算案を一日も早く成立させることに全力を挙げて取り組みたい」と述べるにとどめた。

無断転載・複製を禁じます
1167085 0 政治 2020/04/15 11:12:00 2020/04/15 13:17:52 2020/04/15 13:17:52 首相官邸に入る安倍首相(15日午前9時51分)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200415-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)