読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都知事「買い物3日に1回」、GWは「ステイホーム週間」に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見する小池都知事(23日午後、都庁で)=大原一郎撮影
記者会見する小池都知事(23日午後、都庁で)=大原一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都の小池百合子知事は23日、都庁(新宿区)で臨時の記者会見を開き、25日から大型連休最終日の5月6日までの12日間を「ステイホーム(家にいよう)週間」と位置づけた上で、新たな感染拡大防止策を発表した。都民に買い物を「3日に1回程度」に減らすよう呼びかけたほか、自主的に休業した商店街には奨励金を交付する。

 政府による緊急事態宣言後、繁華街での人出は減少しているが、休日を中心にスーパーや商店街、公園などに多くの人が訪れる状態が続いているため、それぞれ対策を強化することにした。

 スーパーの混雑対策では、買い物の回数抑制の呼びかけのほか、スーパーやホームセンターの業界団体とも連携し、買い物かごの削減による入店抑制や、高齢者や妊婦らが優先して買い物できる仕組みづくりも進める。

 事業者への休業要請とは別に、商店街単位で自主的な休業に協力した場合の奨励金制度も新設する。都関係者によると、5月6日までの土日祝日の間に加盟店が営業を取りやめた商店街組合に対し、1日当たり50万円、最大400万円を給付する方向で調整を進めている。

 来園者の密集状態が懸念されていた都立全82公園については、利用自粛を要請した上で駐車場や遊具施設を閉鎖する。都西部のドライブコースとして人気がある奥多摩周遊道路の駐車場も閉鎖し、車での外出抑制につなげる。

 また、企業には期間中、従業員に連続休暇の取得を促すことも求める。

 小池知事は会見で、「本当に大事な2週間になる。とにかく、家にいてください」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
1182980 0 政治 2020/04/23 23:06:00 2020/04/23 23:07:47 2020/04/23 23:07:47 記者会見する東京都の小池知事(23日午後4時52分、東京都庁で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200423-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)