山梨知事、5月給与は「1円」…無給でないのは公選法に配慮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県の長崎幸太郎知事が、5月の知事給与を「1円」とすることが分かった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、県は一部事業者に休業要請しており、知事自身も「我慢する」姿勢を示すため、給与125万円のほぼ全額返上を決めた。無給ではなく1円としたのは、政治家による寄付を禁止した公職選挙法に抵触しないように配慮したためだという。

 給与減額の条例改正案を28日の臨時県議会に提出する。県は20日から商業施設や映画館などに休業を要請した一方、休業補償については「財政余力として極めて難しい」と見送った。

 自治体の新型コロナ対策を巡っては、愛媛県の中村時広知事が給与1か月分の全額返上を表明。新潟県出雲崎町の小林則幸町長も23日、5月分の給与(64万9000円)を無給とする考えを明らかにした。

無断転載・複製を禁じます
1184391 0 政治 2020/04/24 12:42:00 2020/04/24 12:42:00 2020/04/24 12:42:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ