抗体検査、5月1日に結果公表へ…東京・東北地方で各500人分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、日本赤十字社の協力を得て、献血の血液を利用した新型コロナウイルスの抗体検査に乗り出しており、5月1日に調査結果を公表することを軸に調整している。

 検査は、複数の検査キットの性能評価を目的に実施され、東京都内と東北地方で500人分ずつ抗体の有無を調べる。キットごとの抗体保有率の差異を比較するとともに、各地域の感染状況の分析にも利用したい考えだ。検査は間隔をあけて繰り返し実施する予定だ。

 加藤厚生労働相は24日午前の記者会見で、「PCR検査と組み合わせることでより精度の高い診断を行える可能性がある」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1184393 0 政治 2020/04/24 12:42:00 2020/04/24 12:42:00 2020/04/24 12:42:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ