医療用マスクやガウン、優先的に医療機関へ…首相「政府の総力結集を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は24日、新型コロナウイルス感染症対策本部で、医療用のマスクやガウンなどを国が医療機関に優先的に提供するシステムの運用を始める方針を表明した。インターネットを活用して医療用物資の保有状況を調査し、1週間以内に在庫切れとなる恐れがある医療機関に国から物資を緊急配布する。

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍首相(24日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影
新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍首相(24日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 現場の医療従事者をウイルスから守り、医療提供体制を維持する狙いがある。首相は対策本部の会合で、「医療現場に一つでも多くの医療防護具を届けるため、政府の総力を結集してほしい」と指示した。今月中にサージカルマスク1500万枚、医療用ガウン130万着、フェースシールド190万個などを全国に配布することも明らかにした。

 また、休校や外出自粛要請が続く中で児童虐待や家庭内暴力(DV)のリスクが高まっていることを踏まえ、対策を強化することを決めた。虐待の恐れがある子どもを対象に、小学校や保育所の職員が週1回以上、電話などで異変がないか聞き取ることが柱だ。

 首相は緊急事態宣言の早期収束に向け、「接触機会の8割削減に向けた取り組みを加速化させる」とも強調した。

無断転載・複製を禁じます
1185071 0 政治 2020/04/24 18:55:00 2020/04/24 21:47:19 2020/04/24 21:47:19 新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍首相(24日午後6時19分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200424-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ