読売新聞オンライン

メニュー

休校長期化なら「9月入学」も選択肢の一つに、文科相「あらゆることを想定」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 萩生田文部科学相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの影響で学校休校がさらに長期化した場合に9月に入学・始業とするよう求める声があることについて、「様々なところで声が上がっていることは承知している」とし、「あらゆることを想定しながら対応したい」と述べた。

 5月6日が期限となる緊急事態宣言の延長の有無などを踏まえ、選択肢の一つとして検討していく考えを示唆した。

 始業時期については、幼稚園や小中高校などは学校教育法施行規則で4月始業が定められており、9月に移行する場合は規則改正が必要となる。一方、大学では、学長が独自に学期始めを定めることができる。

無断転載・複製を禁じます
1185723 0 政治 2020/04/25 05:00:00 2020/04/26 07:58:35 2020/04/26 07:58:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)