西村再生相、職員感染で自宅待機に…「万が一のため自宅で勤務している」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西村経済再生相は、25日に予定していた記者会見を取りやめ、自宅待機に切り替えた。新型コロナウイルスの感染が判明した内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策推進室の男性職員が19日の西村氏の視察に同行していたためだ。

 内閣官房によると、男性職員は40歳代で、21日の朝に発熱し、24日に陽性と判明した。発熱の2日前の19日に、西村氏が東大病院を視察した際に同行していた。

 職員は発熱後は出勤しておらず、西村氏と近距離で長時間の接触もしていないという。西村氏は25日夜、NHKの番組に中継で出演し、「保健所に確認してもらった。私は濃厚接触者ではないと言われているが、万が一、感染を広げてはいけないということで、今日は自宅で勤務している」と語った。

 安倍首相は25日、首相官邸で記者団に対し、政府の対策の中枢を担う同推進室から感染者が出たことについて「危機管理に万全を期していきたい」と述べた。その上で「私たちみんなに感染のリスクがあり、同時に、他の人に感染を拡大してしまうリスクがあることを認識しながら、最大限の注意を払っていくことが求められている」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1186408 0 政治 2020/04/25 17:28:00 2020/04/26 00:25:03 2020/04/26 00:25:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ