欧州すべての国が入国拒否に…露など14か国の追加を決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ロシアなど14か国を入国拒否の対象に追加することを決めた。過去2週間以内に、これらの国に滞在した外国人は特段の事情がない限り、入国できない。これで対象は計87か国・地域となり、欧州はすべての国が対象となった。

 29日午前0時から適用する。安倍首相が27日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症の対策本部で表明した。

 追加されたのは、欧州はロシアとウクライナ、ベラルーシの3か国、中東・アフリカは、サウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、オマーン、ジブチの6か国、中南米は、ペルー、ドミニカ共和国、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネビス、バルバドスの5か国。

 政府は、全世界を対象に実施している発給済みの査証(ビザ)の効力停止や免除措置の停止などについても、4月末の期限を5月末に延長することも決めた。

無断転載・複製を禁じます
1189113 0 政治 2020/04/27 13:22:00 2020/04/27 13:22:00 2020/04/27 13:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ