読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

家賃の支払い困難、追加支援策検討…首相「ちゅうちょなくやる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

衆院予算委員会で答弁する安倍首相(28日、国会で)=源幸正倫撮影
衆院予算委員会で答弁する安倍首相(28日、国会で)=源幸正倫撮影

 安倍首相は28日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大が長期化した場合には、家賃の支払いが困難になった事業者への追加支援策を検討する考えを表明した。自民党の岸田政調会長の質問に答えた。

 岸田氏は予算委で、家賃支援について、事業者が金融機関からの融資のうち家賃の支払いなどに回した分を国が実質肩代わりする案を提唱した。首相は「この状態がさらに延びればさらなる対策も必要になる。その時にはちゅうちょなくやるべきことをやる」と述べた。

 首相はまた、減収となった中小企業に最大200万円支給する「持続化給付金」の上限額の引き上げを求められ、「(中小企業は)日本経済のエンジンで破損させてはならない。そういう状況が起こるとなれば間髪入れず対応する」と語った。

 従業員の休業手当に充てる雇用調整助成金を巡っては手続きの煩雑さが課題になっている。これには「多くの方があすの資金繰りに困っている。今回は危機だ。不正などは事後対応を徹底すればよい」と語り、迅速な対応を指示した。

 2020年度補正予算案は28日の衆院予算委で実質審議入りした。29日午前まで同委で審議される。同日昼の衆院本会議で採決され、参院へ送付される予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1192203 0 政治 2020/04/28 20:14:00 2020/04/28 22:37:58 2020/04/28 22:37:58 衆院予算委員会で立憲民主党の大串博志氏の質問に答弁する安倍首相(28日午後3時5分、国会で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200428-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)