読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相、緊急事態条項を「準備しておくべきだった」…国会に改憲論議促す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は3日発売の夕刊フジのインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、憲法を改正して緊急事態条項を設けることについて、「そうした議論を事前にしっかりとして、準備をしておくべきだった」と述べた。

 首相は、同日の憲法記念日に合わせてオンライン集会を開いた改憲派の民間団体にもメッセージを寄せ、「緊急事態に国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そのことを憲法にどう位置付けるかは、極めて重く大切な課題だ」と強調した。大災害や戦争などに際し、国に強い権限を認める緊急事態条項に関して、改憲論議を進めるよう国会に促したものだ。

 首相はメッセージの中で、自衛隊を憲法に明記する必要性にも触れ、「憲法改正への挑戦はたやすい道ではないが、なし遂げていく決意に揺らぎは全くない」と改めて強い意欲を示した。

 首相は夕刊フジのインタビューでは、ジャーナリストの田原総一朗氏がブログで、首相が新型コロナウイルスへの対応を「第3次世界大戦」と表現したとしていることについて、「(第3次世界大戦は)田原さんの発言で、私は『そういう見方もありますね』と答えただけだ」と否定した。

 一方、自民党の稲田朋美幹事長代行は3日のNHK番組で、「今回の緊急対応に関し、これ以上の私権の制限をするのであれば、今の『公共の福祉』(による制限)の中で何ができるのか、憲法を軸とした議論もしっかりと憲法審査会でやっていくべきではないか」と野党側に求めた。

 立憲民主党の福山幹事長は、「今の状況にどう対応するかが第一で、コロナに乗じて憲法改正の議論を安易にするのはやめていただきたい」と反論した。

 憲法記念日は例年、改憲派や護憲派の団体が集会を開くが、今年は規模の縮小や中止が目立った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1202187 0 政治 2020/05/04 05:00:00 2020/05/04 08:56:24 2020/05/04 08:56:24

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)