読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

足を赤く塗った人形に「10万」と貼り紙、「そんな小さな絆創膏では」…立民県連が投稿を削除

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党三重県連が、公式ツイッターアカウントで、新型コロナウイルスに関連して、国民に一律給付される10万円の「特別定額給付金」について揶揄(やゆ)する書き込みをしていたことがわかった。インターネット上で「内容が不適切」などと批判が集まり、県連は3日までに投稿を削除した。書き込みは、人形の足元を赤く塗り、出血しているように見せ、「10万」と書かれた紙を貼り付けた様子を収めた画像とともに、「そんな小さな絆創膏(ばんそうこう)では全然間に合わないのよ」などと投稿していた。

 県連は、ツイッター上で「配慮に欠けた不適切なツイートで、大変申し訳ありませんでした」などと謝罪している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1202598 0 政治 2020/05/04 10:46:00 2020/05/05 09:48:54 2020/05/05 09:48:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)