子どもの人口20万人減、39年連続で減少

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は、5日の「こどもの日」に合わせて15歳未満の子供の推計人口(4月1日現在)を発表した。前年より20万人少ない1512万人で、39年連続の減少となった。総人口(1億2596万人)に占める割合は0・1ポイント減の12・0%で46年連続で低下した。現在の調査方法となった1950年以降で人数、割合ともに最少を更新した。

 内訳は、男子が774万人、女子は738万人で、男女ともに前年比10万人減だった。3歳ごとの年齢区分では、0~2歳が275万人で最も少なかった。最も多いのは12~14歳で、321万人だった。

 都道府県別の子供の人口を見ると、東京だけが前年比で増加した。総数155万人で3000人増となった。人口に占める割合(昨年10月1日現在)では、最も高いのが沖縄の16・9%で、滋賀(13・8%)、佐賀(13・5%)と続いた。最も低かったのは秋田の9・8%だった。

無断転載禁止
1202810 0 政治 2020/05/04 17:00:00 2020/05/04 22:45:28 2020/05/04 22:45:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ