読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

休業解除「大阪案」で不快と皮肉…西村氏「勘違い」、吉村知事「権限明確になった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請の解除をめぐり、西村経済再生相と大阪府の吉村洋文知事がさや当てを演じている。

 吉村氏は5日、休業要請解除に向けた府の独自基準「大阪モデル」を公表した際、「国に具体的な数値、指標を示してもらいたい」と注文をつけた。

 これに対し、西村氏は6日の記者会見で、休業要請と解除の権限は知事にあるとして、「勘違いしているのではないか。強い違和感を感じる」と不快感をあらわにした。

 一方、吉村氏は6日夜、ツイッター上で「ご迷惑をおかけした」と陳謝しつつ、「(緊急事態)宣言を延長するなら出口戦略も示して頂きたかった」と重ねて求めた。さらに翌7日、大阪府庁で記者団に「(休業要請と解除の権限が)明確になって良かった。(国は)我々のやることを直前にひっくり返しはしないのだろう」と皮肉った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1206697 0 政治 2020/05/07 20:46:00 2020/05/08 01:24:04 2020/05/08 01:24:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)