森法相、黒川氏の賭けマージャン巡り進退伺を提出…首相は慰留

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 森法相は22日の記者会見で、東京高検の黒川弘務・検事長が賭けマージャンをしていた問題を巡り、安倍首相と21日に面会した際、進退伺を提出していたことを明らかにした。首相から慰留を受け、続投することを決めたという。

 森氏は「つらい道だが、検察の立て直しをしなければならない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1234012 0 政治 2020/05/22 10:17:00 2020/05/22 10:17:00 2020/05/22 10:17:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ