黒川検事長辞職、安倍首相「批判は真摯に受け止めたい」と陳謝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言中に東京高検の黒川弘務・検事長(63)が賭けマージャンをした問題で、政府は22日、黒川氏の辞職を承認した。後任には、名古屋高検の林真琴・検事長(62)を充てる方向となっている。

 安倍首相は22日の衆院厚生労働委員会で、「人事案を最終的に認めた責任は私にある。批判は真摯しんしに受け止めたい」と陳謝した。自らについては「コロナウイルス感染症の拡大を防止し、暮らしを守り抜いていく大きな責任がある」と述べ、説明を尽くす考えを強調した。

 21日に進退伺を提出した森法相について「検察庁、法務省において士気を高め、信頼を回復するために全力を尽くしてもらいたい」と述べ、続投させる意向を示した。

 野党は、黒川氏への訓告処分を見直し、懲戒処分とするよう求めた。首相は「検事総長が事案の内容、諸般の事情を考慮し、処分を行った」と説明するにとどめた。黒川氏の行為に対しては、「緊急事態宣言の中、賭博を行ったことは責任ある立場として重大な問題だ」と述べた。

 一方、法務省は22日、黒川氏に対する調査結果を公表した。黒川氏は産経新聞記者2人と朝日新聞社員の元記者との間で、約3年前から月に1~2回、賭けマージャンをするようになったという。レートは1000点100円で、5月1、13日に賭けマージャンをした際は1万~2万円をやりとりしたと認定した。

無断転載・複製を禁じます
1235201 0 政治 2020/05/22 20:41:00 2020/05/22 20:54:49 2020/05/22 20:54:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ