けじめついたら辞職も一つのあり方…首相の「責任は私に」発言で石破氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の石破茂・元幹事長は23日のテレビ西日本の番組で、東京高検の黒川弘務・検事長の辞職に関し、安倍首相が「責任は私にある」と発言したことについて、「けじめがついたら、職を辞すというのも一つのあり方だ」と述べた。

 石破氏は「ただ、普通の閣僚と首相は違う」とも指摘し、「責任を痛感しているということが、本当に国民の心に響くことが大事ではないか」と強調した。

無断転載禁止
1236885 0 政治 2020/05/23 19:53:00 2020/05/23 19:53:00 2020/05/23 19:53:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ