臨時チーム「モバイル領事館」も…海外の邦人保護へ外務省が態勢強化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、外務省は、海外にいる邦人を保護する態勢の強化に乗り出す。日本の在外公館がない地域でも機動的に邦人を保護するために、近隣の在外公館や本省の職員らが駆けつける臨時チーム「モバイル領事館」を設置する態勢を整備するほか、邦人安否集計システムの改良などにも取り組む。

 感染拡大を巡っては、国際線の運航停止などで海外に足止めされ、政府の支援で帰国した邦人は約1万人に上っている。最初に感染が拡大した中国湖北省では在外公館がなく、北京の日本大使館や本省の職員が現地入りし、チャーター機による帰国を支援した。

 モバイル領事館は、こうした経験を生かし、大規模な災害やテロなどが起きた場合、臨時チームを設けて邦人の退避や帰国を支援するものだ。

 また、外務省は今年度中に、邦人の安否を複数の国・地域で一斉に確認できるシステムを整備する。外務省は海外に長期滞在する邦人には在留届の提出を、旅行や出張など短期の滞在者には「たびレジ」への登録を求めている。邦人の安否を確認する際、これらに登録されたアドレスにメールを送っているが、確認作業は1か国ずつしか行えない。感染症のような国境をまたぐ危機に際し、複数の国・地域での安否確認を並行して行えるようなシステムに改良する。

 外務省は一連の邦人保護強化の関連費用として、今年度補正予算に35億円を計上した。

無断転載禁止
1237417 0 政治 2020/05/23 22:58:00 2020/05/23 22:58:00 2020/05/23 22:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ