予備費10兆円を野党批判、麻生氏「スピード感足りないと指摘受けてる」と反論

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 麻生財務相は1日の衆院決算行政監視委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する2020年度第2次補正予算案に10兆円の予備費を計上したことについて、「中長期戦になるので、臨機応変に対応しなければならない」と理解を求めた。

 予備費は政府の裁量で使途を決められるため、野党は「国会軽視だ」と反発している。国民民主党の源馬謙太郎氏は「内閣の恣意しい的な判断で何でも使える。国会を閉じず、必要なら予算を組むやり方でもいいのではないか」と追及した。

 これに対し、麻生氏は「(政府の対応は)『スピード感が足りない』との指摘を受けている。万全を期さなければならない」と反論した。

無断転載禁止
1254026 0 政治 2020/06/01 17:18:00 2020/06/01 17:18:00 2020/06/01 17:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ