読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相「サービス停滞、あってはならない」…2次補正が衆院通過

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策を柱とする2020年度第2次補正予算案は10日午後、衆院本会議で与野党の賛成多数で可決された。参院に送付され、12日の参院本会議で成立する見通しだ。歳出総額は31兆9114億円に上り、過去最大となる。

 衆院予算委では10日午前、基本的質疑が行われた。国民民主党の玉木代表が中小企業を支援する持続化給付金の給付の遅れを指摘したのに対し、安倍首相は「制度のスタートから1か月あまりで、120万件、合計1兆6000億円を超える現金を届けている。できるだけスピーディーに行うことが今回は大切で切実な思いで電話をしている方々に対し、サービスが滞ることはあってはならない」と強調した。

 玉木氏が国民1人あたり10万円の一律給付をもう一度行うように主張したのに対し、首相は「給付の効果を見極め、必要とあれば果断な対応をしていかなければならない」と述べた。

 野党の立憲民主党などは、予備費の圧縮などを理由として衆院予算委で組み替え動議を提出し、否決された。ただ、売り上げが急減した事業者などに早期の支援が必要として、予算案には賛成した。

無断転載・複製を禁じます
1269299 0 政治 2020/06/10 12:21:00 2020/06/10 13:28:38 2020/06/10 13:28:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)