衆院解散の時期、首相「神のみぞ知る」…自民・下村氏は今秋に否定的

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の下村博文選挙対策委員長は25日、今秋の衆院解散・総選挙の可能性について、「安倍首相から具体的な指示はない。ないのではないか」と述べ、否定的な見解を示した。新型コロナウイルスの感染状況に触れ、「衆院解散後に感染拡大が起きたら大変なことになる」と指摘した。ただ、「一寸先は闇。最後は首相の判断だ」とも語った。

 一方、安倍首相は25日、日本維新の会の鈴木宗男参院議員と首相官邸で会談し、衆院解散の時期について「やれる時にやるのが私の考え方だ。まさにその時の状況など、神のみぞ知る話だ」と語った。鈴木氏が記者団に明らかにした。

 首相は、当面は新型コロナウイルスへの対応や経済の立て直しに全力を尽くす考えを強調したという。

無断転載・複製を禁じます
1302225 0 政治 2020/06/26 08:13:00 2020/06/26 08:13:00 2020/06/26 08:13:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ