兼業・副業を促進へ、労働時間は自己申告制…申告漏れや虚偽あっても企業責任問わず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は3日、未来投資会議(議長・安倍首相)を首相官邸で開き、兼業・副業の普及拡大に向け、労働者が本業以外で働いた労働時間を自己申告制とし、企業側の負担を軽減する新たなルールを整備する方針を示した。会議で示した2020年の成長戦略実行計画の素案に盛り込んでおり、今秋の導入を目指している。

 首相は会議の中で、新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが拡大したことなどを踏まえ、「ウィズコロナ、ポストコロナの時代の働き方としても、兼業・副業、フリーランスなど、多様な働き方への期待が高くなっている」と指摘した。

 労働基準法は過重労働を避けるため、企業が本業と副業の労働時間を通算して把握することを求めている。労働時間管理の難しさから、兼業・副業を容認する企業が広がらない一因となっている。

 新ルールでは、申告漏れや虚偽申告があっても企業の責任を問わないこととし、兼業・副業を促進したい考えだ。

 政府は今後、7月中旬に同実行計画を閣議決定し、労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)で詳細なルールを議論したうえで、兼業・副業に関する運用指針の見直しなどを行う方向で調整している。

無断転載禁止
1318313 0 政治 2020/07/03 19:51:00 2020/07/04 05:28:19 2020/07/04 05:28:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ