創価学会、5か月ぶりに活動再開…早期解散論をけん制

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公明党の支持母体・創価学会は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休止していた各地の施設を使った活動を約5か月ぶりに一部再開した。政府が10日からイベント開催制限を緩和したことに伴う措置だ。

 2月18日から休止していた施設の使用を再開し、一部で少人数による上映会が開かれた。感染状況などを見極めながら、徐々に活動の幅を広げていく。座談会などの通常活動は9月以降となる見通しだ。

 公明党は各種選挙で学会の集票力に頼っているが、次期衆院選に向けた準備が整うのはまだ先になりそうで、同党の斉藤幹事長も10日の記者会見で「今、(衆院)解散という話は国民に全く理解されない」と述べ、早期解散論をけん制した。

無断転載・複製を禁じます
1334652 0 政治 2020/07/10 22:39:00 2020/07/10 22:39:00 2020/07/10 22:39:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ