【独自】入国時PCR、1日当たり1万人に増強へ…中韓台と往来再開で協議

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は海外との段階的な往来再開に向け、入国時に空港で行うPCR検査の能力を9月中に1日当たり1万人規模に増強する方針を固めた。中国や韓国、台湾など10か国・地域とは今月中旬にも新たに協議を始め、往来の規模などを調整する。

 空港の1日当たりの検査能力は現在、2300人にとどまっているが、8月中に民間委託を増やすなどして4000人に拡大する。9月には、羽田、成田、関西の3空港周辺にPCR検査センターを設置することで6000人を追加し、計1万人規模とする方向だ。

残り:7文字/全文:240文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1335126 0 政治 2020/07/11 05:00:00 2020/07/11 15:40:19 2020/07/11 15:40:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200711-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)