読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

休業補償規定の無い特措法「そこが必要」…菅長官、法再改正に意欲

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官は19日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス対応を強化するため、改正新型インフルエンザ対策特別措置法を再改正すべきだとの考えを示した。休業要請に応じた事業者への補償や、感染防止策を講じない事業者を対象とした罰則を想定している。

 今の特措法では、緊急事態宣言の対象となった都道府県の知事は、事業者に休業の要請や指示を行える。その一方で、休業に対する補償は規定していない。

 菅氏は「要請を受けて休業したら、(補償するのは)当然だ。最終的にはそこが必要だ」と述べた。具体的な法改正の時期は明言しなかった。

 政府は第1次、第2次補正予算で自治体向けの臨時交付金を計3兆円計上し、自治体が「協力金」などの形で、休業要請に伴う「補償」に充てることを事実上容認している。これに対し、自治体からは「交付金だけでは財源が足りず、実効性を高める法的措置が必要だ」との声がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1351860 0 政治 2020/07/19 17:31:00 2020/07/20 01:22:15 2020/07/20 01:22:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)