読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染急増「夜の街」対策強化へ…菅氏「根源を一つ一つつぶしていく」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルスの感染者が多数出ているホストクラブなどへの対策を強化する。全国の警察が風俗営業法に基づき、各地の「夜の街」に積極的な立ち入り調査を行い、感染防止策を含む営業実態を確認する方針だ。

 菅官房長官は19日のフジテレビの番組で、接待を伴う店としてホストクラブやキャバクラを挙げ、「どこに新型コロナの根源みたいなものがあるか分かってきたから、警察が足を踏み入れ、根源を一つ一つつぶしていく」と述べた。

 風営法に基づく立ち入り調査に踏み切るのは、緊急事態宣言の解除後、東京都内などの「夜の街」で感染者が急増しているためだ。

 クラスター(感染集団)が発生する店の中には、「3密」対策を十分に講じていない所があるとされる。一部の店が風営法の規制に従わず、時間外営業や、行政への届け出と異なるサービスの提供をしていることも感染拡大の一因とみられている。

 政府関係者によると、第1弾の立ち入り調査は17日夜、札幌市のキャバクラ店3店、大阪市のホストクラブ8店とキャバクラ店1店で行われた。東京都などの繁華街でも、近く実施される見通しだ。

 政府は立ち入り調査を通じて、感染防止のガイドライン(指針)で定めた客と従業員のマスクやフェースシールドの着用、対人距離の2メートル確保などを呼びかける。悪質な風営法違反を確認した場合は摘発も視野に入れており、営業実態の改善につなげたい考えだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1351933 0 政治 2020/07/19 17:49:00 2020/07/20 05:16:18 2020/07/20 05:16:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)