「存在」だけでいい・「災害派遣と軍事」分けて意識…「自衛隊」このままでいいのか?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自衛隊の前身、警察予備隊の発足から今夏で70年を迎える。今なお国際的には「軍」、国内的には「実力組織」と説明するための矛盾と制約は、議論なき「再軍備」に原点がある。国際情勢の激変や新型コロナウイルスの世界的流行は、この節目の年に「軍」と改めて向き合うよう、国民に迫っているように見える。(編集委員 伊藤俊行)

制限していた「作戦」の言葉を使用、変わる自衛隊

 新部隊の名称に、陸上幕僚長を務めた岩田清文・元陸将は「ようやく」と感慨深げだった。

 5月18日に航空自衛隊に発足した「宇宙作戦隊」のことだ。心に響いたのは、部隊名に冠された、従来は使用を制限されてきた「作戦」の2文字だった。

 無謀な戦争に突入した旧日本軍のイメージから離れるため、自衛隊では「大佐」は「1佐」、「作戦」は「運用」などと言い換えてきた。警察予備隊からして、そうだ。「軍による安全」ではなく、「軍からの安全」の発想が強かった。2016年の退官まで「軍事は悪」の風潮を肌で感じてきた岩田氏は昨年、「中国、日本侵攻のリアル」を出版した。衝撃的な題と裏腹に、強調したのは「特殊な情報、知識、経験に基づく軍の思考は政治家、国民と落差が生じやすい。それを埋めずに軍が政治に介入した歴史もある。国民と政治家が軍事情報に正しく触れることで統制が利く」という点だ。

PKO派遣/タケオの子供たちとともに仮宿営地のテント張りをする自衛隊員(カンボジア・タケオ)1992年10月15日撮影
PKO派遣/タケオの子供たちとともに仮宿営地のテント張りをする自衛隊員(カンボジア・タケオ)1992年10月15日撮影

 また、何度も携わった国連平和維持活動(PKO)が「強制力に頼る」方向に変質しており、「今のPKO5原則では部隊を出せなくなる。自衛隊のあり方を再考しないと、安倍首相の言う積極的平和主義も果たせない」と見る。

 「自衛隊史論」などを著した中京大学の佐道明広教授は「能力も練度も高い自衛隊が『軍』でないというのは、国民が幸福だったゆえの悲劇」と見る。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載禁止
1366197 0 政治 2020/07/19 09:00:00 2020/07/30 20:06:22 2020/07/30 20:06:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200722-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ