読売新聞オンライン

メニュー

豪雨被害の熊本県内、国道復旧を国が代行…首相表明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は22日、九州地方などの一連の豪雨被害を受け、非常災害対策本部の会合を首相官邸で開いた。安倍首相は、被害が大きかった熊本県内の国道219号などの道路復旧を国が代行すると表明した。国主導で再建を加速させる狙いがある。

 首相は「被災地の応急復旧に加え、生活の再建に向けた歩みを政府として力強く後押ししていく」と強調し、総額4000億円超に上る被災者支援の対策パッケージを来週にまとめる考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1360375 0 政治 2020/07/22 22:39:00 2020/07/22 22:39:00 2020/07/22 22:39:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)