読売新聞オンライン

メニュー

わいせつ行為で教員免許失効、再取得は「厳格に」…文科相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 萩生田文部科学相は22日の衆院文部科学委員会で、児童生徒へのわいせつ行為で教員免許を失効しても、3年後には再取得ができる現在の教育職員免許法を改正する方針を示した。文科省内に設けたプロジェクトチームで、厳格化に向けた法制上の課題を整理する。

 萩生田氏は「厳しい仕組みに変えていく必要がある」と述べた。自民党の池田佳隆氏の質問に答えた。

 文科省は、わいせつ行為を行った教員について、原則として懲戒処分にするよう求めている。ただ、処分で免許は失効するものの、現行法では3年後には再取得が可能で、教員の処分歴を検索するデータベースでも情報が開示されなくなる。

 政府は6月にまとめた性犯罪や性暴力の対策強化の方針で、わいせつ行為をした教員らへの厳正な対処に取り組むとしている。

無断転載・複製を禁じます
1360542 0 政治 2020/07/23 05:00:00 2020/07/23 06:43:58 2020/07/23 06:43:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)