西村氏、対策取らずに感染者出れば店名公表の方針…接待伴う店や酒類提供の飲食店

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西村経済再生相は24日の記者会見で、クラブなどの接待を伴う店や酒類を提供する飲食店について、新型コロナウイルス感染防止のガイドライン(指針)を守らずに感染者を発生させた場合、感染症法に基づいて店名を公表する方針を明らかにした。近く都道府県に通知する。

 感染症法は第16条で、厚生労働相や都道府県知事に対し、感染症の発生状況や原因に関する情報を積極的に公表しなければならないと定めている。すでにクラスター(感染集団)が発生した店の公表に踏み切った自治体もあるが、政府として厳しい姿勢を示し、「夜の街」での感染防止の徹底を促す狙いがある。

 政府はクラスターが多数発生している接待を伴う店などの対策を強化しており、風俗営業法に加え、感染症法や建築物衛生法に基づく立ち入り検査などの実施を検討している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1363507 0 政治 2020/07/24 21:13:00 2020/07/24 23:28:52 2020/07/24 23:28:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)