コロナ「陰性」証明の検査、ビジネス渡航者に実施へ…ネットで予約

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は27日、ビジネスでの海外渡航者を対象に、9月から全国の登録した医療機関で、出国前に新型コロナウイルスに感染していないことを確認するためのPCR検査を受けられるようにすると発表した。スマートフォンなどで予約すると、指定医療機関が紹介され、出国に必要となる検査証明を取得できる。

国内のコロナ新規感染2万5761人…東京の1週間平均は15%減

 経済産業省と厚生労働省が27日、検査を実施する医療機関の募集を始めた。当初は、東京都と大阪府などの主要空港にPCRの検査拠点を設置することを検討していたが、他の地域でも幅広く検査を受けられるようにする。

 検査はスマホやパソコンで専用サイトから申し込む。指定した日時に登録医療機関で検査を受けると、数日以内に結果を受け取れる。当面は1日3000人程度検査できる体制を整える考えだ。陽性の場合は、居住する都道府県に通知し、感染拡大の防止にも役立てる。

 国境をまたぐ人の移動を巡っては、各国・地域が新型コロナの陰性証明を渡航条件にしている。中国とシンガポールは出国48時間前まで、台湾は搭乗前3営業日以内の陰性証明を求めている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
1369095 0 政治 2020/07/27 21:09:00 2020/07/27 22:28:14 2020/07/27 22:28:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)