厚労相「一部地域で感染スピード増し憂慮」…コロナ分科会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は31日午前、有識者による新型コロナウイルス感染症対策分科会の会合を東京都内で開いた。

 会合では、最新の感染状況を分析したうえで、感染拡大の深刻さを評価するための指標をどう定めるかや、東京都以外で行われている政府の観光支援事業「Go To トラベル」の評価などについて議論が行われたとみられる。

 全国の新規感染者は30日、1300人を超えて過去最多となった。加藤厚生労働相は会合の冒頭、「感染拡大は3月、4月のスピードよりもやや緩慢だが、一部地域ではスピードが増しており、憂慮すべき状況だ」と述べた。

 政府はクラスター(感染集団)が発生している接待を伴う飲食店などについて、風俗営業法などによる立ち入り調査や感染症法による店名公表を行い、対策に全力を挙げている。

 菅官房長官は31日の記者会見で、「現時点で緊急事態宣言を再び発出し、社会経済活動を全面的に縮小させる状況にあるとは考えていない」と指摘。「引き続き、感染拡大防止と社会経済活動の両立に向けて取り組んでいきたい」と述べた。

無断転載禁止
1377178 0 政治 2020/07/31 11:39:00 2020/07/31 11:48:44 2020/07/31 11:48:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ