菅官房長官、都のホテル縮小を批判…「緊急事態」再発令には慎重

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官は1日、読売テレビの番組で新型コロナウイルスの感染者増を踏まえ、緊急事態宣言を再発令する可能性について、「現時点ではそうした段階ではない」と述べ、慎重な立場を示した。

 「重症者、病床の推移を注視しながら対応している」と語り、医療提供体制にはまだ余裕があるとの認識を強調。改正新型インフルエンザ対策特別措置法を巡り、休業要請に強制力を持たせる案などが浮上していることについては、「人権的な問題があり、簡単にはできない。時間がかかる」と指摘した。

 東京都などが感染者のうち、軽症者や無症状者を受け入れるホテルの部屋数を一時的に縮小したことについて、「経費は国が出すと明確に言っているので、しっかり押さえておいていただきたかった」と批判した。

無断転載禁止
1379727 0 政治 2020/08/01 11:47:00 2020/08/01 20:56:10 2020/08/01 20:56:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ