お盆期間中の帰省、「感染防止策を徹底して」…分科会が提言

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は5日、お盆期間中に帰省する際は感染防止策を徹底するよう求める提言を発表した。分科会の尾身茂会長が記者会見して公表した。

 提言では、帰省先では高齢者と接したり、飲酒や飲食をしたりする機会が多くなると指摘し、手洗いやマスクの着用、換気などを徹底するよう要請した。大人数での会食は感染リスクが高まるため避けるよう訴えた。発熱などの症状がある人や、感染リスクが高い場所を最近訪れた人は帰省を控え、インターネットによる「オンライン帰省」などを検討するよう促した。

 西村経済再生相は記者会見で提言を踏まえ、「一律に帰省の自粛を求めるものではない。国民それぞれで判断し、十分に注意してもらいたい」と呼びかけた。

 政府は当初、近く分科会を開いて帰省の際の注意点を議論してもらう予定だった。尾身氏はこの日の記者会見で、「お盆が近づいており、専門家の考えを早く示すのが責任だと思った」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1390081 0 政治 2020/08/05 20:54:00 2020/08/05 21:11:56 2020/08/05 21:11:56

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ