読売新聞オンライン

メニュー

国家公務員総合職の合格者1717人…民間に流れ東大生は最少

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人事院は21日、2020年度の国家公務員総合職試験の合格者数が1717人(前年度比81人減)だったと発表した。出身大学別では東大が249人(同58人減)でトップだった。

 東大の合格者数は記録が残る1998年度以降で最少で、全体に占める割合も14・5%と前年度比2・6ポイント減。ある省庁幹部は「待遇の良い民間企業に東大生が流れている」と分析している。大学別では京大131人、早大90人が続いた。

 女性は511人と合格者全体の29・8%で、過去最高だった前年度を1・7ポイント下回った。

 試験の申込者数は、現行の試験制度では最少の1万6730人(同565人減)で、競争率は9・7倍だった。今年度の1次試験は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で約2か月遅れで行われた。

無断転載・複製を禁じます
1425503 0 政治 2020/08/21 18:41:00 2020/08/21 19:32:38 2020/08/21 19:32:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)