読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相「国民の負託に応えられる状態でなくなった」…辞意の理由に持病

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相は28日夕、首相官邸での記者会見で、8月上旬に持病である潰瘍性大腸炎の再発が判明したことを明らかにし、「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、首相の地位にあり続けるべきでないと判断した」と、辞意の理由を述べた。

 7月中旬頃から体調に異変が生じたとし、「病気と治療を抱え、体力が万全でないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ること、結果を出せないことがあってはならない」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1439473 0 政治 2020/08/28 17:34:00 2020/08/28 17:56:00 2020/08/28 17:56:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)