読売新聞オンライン

メニュー

ポスト安倍、3氏が軸…継続性の菅氏・首相信任の岸田氏・党員人気の石破氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相が28日に辞任表明したことを受け、自民党は後継の総裁選びに入る。党内では菅官房長官や岸田政調会長、石破茂・元幹事長らを推す声が出ており、今後、派閥間での駆け引きが活発化しそうだ。

 菅氏は28日の記者会見で、新型コロナウイルスへの対応について、「毎日、私が定例の記者会見で質問に答え、政府の取り組みを説明している」と強調した。2012年12月の第2次安倍内閣発足以降、政権の屋台骨として首相を支えてきた。ポスト安倍に菅氏が浮上しているのは、コロナ禍への対応などから「政権の継続性が必要」(党幹部)との声が出ているためだ。

 菅氏は二階幹事長との関係も良好で、二階氏も「立派な指導者として活躍している」と高く評価する。ただ、菅氏は総裁選出馬について「まったく考えていない」と否定している。

 岸田氏は28日、訪問先の新潟市でポスト安倍への意欲を記者団に問われ、「変わらない」と語った。首相辞意の一報を受け、すぐに東京に戻ったが、党臨時役員会には間に合わなかった。同日夕には、都内で開かれた岸田派の緊急会合に出席し、「次をしっかり担っていかなければならない」と語気を強めた。

 岸田氏は第2次安倍内閣発足後、外相を約4年7か月務めた。首相の信頼が厚く、麻生副総理兼財務相も期待を寄せる一人とされてきた。最近は岸田氏自身も積極的にメディアへの露出を増やし、課題の発信力強化に腐心している。

 ただ、新型コロナ対策では、岸田氏が主導した減収世帯への30万円給付案がひっくり返された経緯があり、他派閥からは「有事に国を束ねる指導力に乏しい」との見方もある。

 過去に3度の総裁選出馬経験がある石破氏は、28日夜のBS番組で、不出馬という選択肢があるのかを問われ、「そんな無責任なことはできない」と述べ、4度目の出馬に重ねて意欲を示した。石破氏は党員の人気が高く、報道各社の世論調査ではポスト安倍候補の首位に立つことが多い。この日出演した別の民放番組では「党員の権利をきちんと尊重するのは必要だ」と述べ、党員投票が望ましいとの考えを示した。

 しかし、国会議員の支持は広がりを欠く。石破派所属議員は19人にとどまり、総裁選出馬に必要な20人の推薦人は自派だけで確保できないのが現状だ。

 党内からは28日、野田聖子・元総務相(無派閥)も出馬に意欲を示した。このほか、首相の出身派閥で党内最大の細田派では下村博文選挙対策委員長、麻生派では河野防衛相が意欲を見せ、竹下派の茂木外相らの動向も注目される。一方、麻生氏は同日、出馬しない意向を明らかにした。

両院議員総会で決定 検討 自民総裁選…9月中旬見通し 党員投票せず

 9月中旬に行われる見通しの自民党総裁選は、同党の国会議員394人(衆参両院の議長を除く)と47都道府県連の代表者各3人(141人)の計535人が両院議員総会で投票し、過半数を得た候補を新総裁に選出する方向で検討が進められている。

 同党の党則などでは、総裁選は総裁公選規程に基づく党員投票を行い、同数の「党員票」と「国会議員票」の合計で争うのが原則だ。ただ今回は、「特に緊急を要するとき」の例外を定めた党則の規定を適用し、全国一斉の党員投票は実施しないとみられる。近年の総裁選では、都道府県連が3票の配分を決めるため、独自の党員投票を行うことが少なくない。小泉純一郎氏が勝利した2001年の総裁選のように、独自の党員投票が議員票に決定的な影響を与えたこともある。

無断転載・複製を禁じます
1440212 0 政治 2020/08/29 05:00:00 2020/08/29 07:53:36 2020/08/29 07:53:36 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200829-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)