首相「最悪の事態も覚悟しなければ」…辞任表明前、非常に体調悪い様子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 安倍首相の実弟である自民党の岸信夫衆院議員は29日、首相の辞任表明について、「先週、電話で話した際、非常に体調が悪い様子で『最悪の事態も覚悟しておかなくてはならない』とも言っていた。(辞任表明は)病状を一番理解している本人の決断だと思う」と述べた。次の政権については「安倍政権の政策を継承してほしい」と語った。山口市内で記者団の取材に応じた。

無断転載・複製を禁じます
1441418 0 政治 2020/08/29 22:09:00 2020/08/30 10:33:02 2020/08/30 10:33:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ