自民総裁選、全国一斉の党員投票は行わず…両院議員総会で総裁選出へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党は1日の総務会で、安倍首相の後継を選ぶ党総裁選の方式を協議し、全国一斉の党員投票を行わず、両院議員総会で選出することを決めた。

 両院議員総会での選出は、党則で「特に緊急を要する」場合に限り認められている。この場合、同党の国会議員394人(衆参両院の議長除く)と、各都道府県連の代表者各3人(141人)による投票で決まる。

 総務会では、首相の退陣に伴う政治空白を極力短くする必要があるなどとして、両院議員総会で選出することで一致した。また、各都道府県連の態度決定にあたっては、独自の党員による投票実施などを通じて、党員の意向を反映するように促す方針も確認した。

 総務会に先立ち、二階幹事長は1日午前の記者会見で、「首相の体調を考えれば、一日も早く後継総裁を決めることが必要だ」と述べ、両院議員総会で選出したい意向を表明していた。

 両院議員総会での選出は国会議員票と同数の「党員票」で争う正式な総裁選に比べ、国会議員票の比重が高まるため、中堅・若手議員からは「全党員に開かれた総裁選が必要だ」などとして、全国一斉の党員投票を求める動きが出ていた。

無断転載・複製を禁じます
1446886 0 政治 2020/09/01 13:27:00 2020/09/01 13:54:25 2020/09/01 13:54:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ