東京・江戸川区に「コロナ5課」…医療調整・接種計画作成に迅速対応

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都江戸川区は1日、区健康部に新型コロナウイルス感染症対策を担当する5課を新設した。新たな課には同部内の職員を兼務させるため、人員増にはならないが、役割分担を明確化させるのが目的だという。

 新設されたのは、医師の資格を持った職員を配属する「新型コロナウイルス感染症医療調整担当課」、ワクチンができた場合に接種計画を立てる「同予防接種担当課」、PCR検査の検体を搬送したり採取したりする「同検査管理担当課」など。

 区によると、これまで新型コロナ関連の業務は、保健予防課の感染症対策係で担ってきた。しかし、感染拡大に伴い、同係だけで対応することが難しい場合には、他の部署から応援を得ながら対応してきたという。区健康部に5課を新設し、同部内であらかじめ担当を決めることで、迅速に対応できるようにする。

 区の担当者は「秋以降も先が見えない状態は続く。組織改正によって、部全体で対応することにし、冬に備えたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1451855 0 政治 2020/09/03 13:02:00 2020/09/03 13:02:00 2020/09/03 13:02:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ