自民・森山国対委員長、連続在職日数1128日で歴代最長に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の森山裕国会対策委員長(75)は3日、連続在職日数が1128日となり、元幹事長の中川秀直氏を超え、国対委員長としての歴代最長記録を更新した。

 森山氏は鹿児島市議を7期務めた「たたき上げ」で、国政に転じた後、農相などを歴任した。2017年8月に国対委員長に就任してからは野党と信頼関係を築き、働き方改革関連法案などの重要法案成立に手腕を発揮した。一方、首相官邸の意向も踏まえて野党との折衝に当たり、安倍首相や菅官房長官の信望が厚い。

 森山氏は3日、「対決法案もあったが、法案が成立率も良かったのは与野党の皆さんのおかげだ」と振り返った。

 国対委員長の通算在職日数の最長記録は、現衆院議長の大島理森氏が持つ1430日。

無断転載・複製を禁じます
1452878 0 政治 2020/09/03 19:40:00 2020/09/03 20:04:53 2020/09/03 20:04:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ