菅氏「消費増税」発言に「不用意だ」の声…石破氏「首相と矛盾」、岸田氏「難しい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

立民「衆院選争点に」

記者会見に臨む菅官房長官(11日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影
記者会見に臨む菅官房長官(11日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 自民党総裁選(14日投開票)で優位に立つ菅官房長官が消費税率引き上げに言及したことは11日、与野党に波紋を広げた。野党は消費減税を訴えており、次期衆院選での争点とする構えだ。与党内からは今後の政局への影響を懸念する声が上がっている。

 菅氏は10日夜の民放番組で「少子高齢化や人口減少は避けることができない。(消費税率を)将来的に引き上げざるを得ない」と述べた。

 「少子高齢化が進む中、将来的な話として答えた。あくまでも10年先を念頭に置いた話だ」

 菅氏は11日の官房長官としての記者会見で、こう強調した。これまでの会見では、総裁選候補としてのコメントを一貫して避けてきた。異例の対応を取ってでも、自らの消費増税発言を早く打ち消したかったようだ。

 菅氏の発言が波紋を呼んだのは、安倍首相が当面の消費増税論議を「封印」してきたためだ。

 首相は参院選前の昨年7月、消費増税について「今後10年くらいは必要ない」と発言したことがある。菅氏はアベノミクスをはじめ首相の路線を引き継ぐとしており、消費増税についても同様とみられてきた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で国内経済のダメージは大きく、菅氏の発言には陣営内からも「不用意だ」との声がある。

 総裁選の対立候補は、菅氏の発言にさっそく反応した。石破茂・元幹事長は記者団に「首相が言っていたことと整合しない。消費税が低所得者に負担となっていることは事実だ」とあてこすった。財政再建論者の岸田政調会長も「中長期的に考えなければいけない」としつつ、「コロナとの闘いの中で消費増税は難しいのではないか」と強調した。

残り:284文字/全文:967文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1471850 0 政治 2020/09/12 05:00:00 2020/09/12 10:14:27 2020/09/12 10:14:27 記者会見に臨む菅官房長官(11日午前11時26分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200912-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ