正体不明の飛行物体に遭遇したら…「写真撮影し分析を」河野防衛相が指示

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野防衛相は14日、自衛隊に対し、正体不明の飛行物体に関する初の大臣指示を出した。警戒監視や対領空侵犯措置などの任務につく隊員らが、防衛・警備に影響を及ぼす可能性のある識別不能の物体を確認した時に「報告に万全を期し、可能な限り写真撮影等の記録に努め、必要な分析を行うこと」を求めている。

 正体不明の飛行物体を巡っては、米国防総省が4月、物体の映像を公開。8月には、分析などを担う海軍主導の専門組織を設置したと発表した。河野防衛相も米国の映像公開を受け、「遭遇した時の手順をしっかり定めたい」と述べていた。

 政府は過去に「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体の存在を確認したことはない。我が国に飛来した場合の対応は特段の検討を行っていない」との答弁書を閣議決定している。

無断転載・複製を禁じます
1476694 0 政治 2020/09/14 19:12:00 2020/09/14 19:46:03 2020/09/14 19:46:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ