菅氏、地方でも圧勝…石破氏人気に陰り・岸田氏は知名度不足

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

予備選の開票を行う自民党宮城県連の関係者ら(14日、仙台市青葉区で)
予備選の開票を行う自民党宮城県連の関係者ら(14日、仙台市青葉区で)

 14日投開票された自民党総裁選の地方票(計141)は、菅官房長官が63%にあたる89票を獲得し、大差で勝利した。安倍路線の継承が地方にも好感を持たれたようだ。石破茂・元幹事長は42票(30%)で大きく水をあけられ、地方人気に陰りが見られた。岸田政調会長は10票(7%)で知名度不足を突きつけられた形だ。

 菅氏は総裁就任後の記者会見で、「地方の発展のために行ってきたことが、かなり浸透してきている。地方議員が一生懸命応援してくれた」などと語り、圧勝を自己分析した。

 菅氏は、党員投票などの予備選(アンケートや意向調査を含む)を行った46都道府県のうち38で最多得票を獲得した。各都道府県連に割り当てられた3票のうち1票も取れなかったのは、石破氏の地元・鳥取と岸田氏の地元・広島の2県連だけ。全国から幅広く支持を得たことがうかがえる。

残り:1362文字/全文:1731文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1477330 0 政治 2020/09/15 05:00:00 2020/09/15 09:21:11 2020/09/15 09:21:11 党員投票(予備選)の開票作業を行う自民党関係者ら(14日午前10時8分、仙台市青葉区の自民党県連で)=傍田光路撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200915-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ