菅氏、地方でも圧勝…石破氏人気に陰り・岸田氏は知名度不足

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

予備選の開票を行う自民党宮城県連の関係者ら(14日、仙台市青葉区で)
予備選の開票を行う自民党宮城県連の関係者ら(14日、仙台市青葉区で)

 14日投開票された自民党総裁選の地方票(計141)は、菅官房長官が63%にあたる89票を獲得し、大差で勝利した。安倍路線の継承が地方にも好感を持たれたようだ。石破茂・元幹事長は42票(30%)で大きく水をあけられ、地方人気に陰りが見られた。岸田政調会長は10票(7%)で知名度不足を突きつけられた形だ。

安倍前首相、7年ぶり靖国神社参拝「退任をご英霊にご報告」

 菅氏は総裁就任後の記者会見で、「地方の発展のために行ってきたことが、かなり浸透してきている。地方議員が一生懸命応援してくれた」などと語り、圧勝を自己分析した。

 菅氏は、党員投票などの予備選(アンケートや意向調査を含む)を行った46都道府県のうち38で最多得票を獲得した。各都道府県連に割り当てられた3票のうち1票も取れなかったのは、石破氏の地元・鳥取と岸田氏の地元・広島の2県連だけ。全国から幅広く支持を得たことがうかがえる。

残り:1371文字/全文:1867文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
1477330 0 政治 2020/09/15 05:00:00 2020/09/15 09:21:11 2020/09/15 09:21:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200915-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)