行革相に発信力ある河野氏、官房長官に加藤氏…菅新政権の全容固まる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の菅義偉総裁(官房長官)は16日召集の臨時国会で第99代首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。新政権の全容は固まり、官房長官に加藤勝信厚生労働相(64)、行政改革相に河野太郎防衛相(57)を起用する。麻生太郎副総理兼財務相(79)は再任し、安倍首相の実弟の岸信夫・元外務副大臣(61)を防衛相で初入閣させる。

 加藤氏は、安倍内閣で官房副長官を務めた。政策全般に明るく、実務能力にも定評がある。菅氏は新型コロナウイルスへの対応を新政権の最優先課題と位置づけており、厚労相を務めた加藤氏の起用で万全の体制を整えたい考えだ。

 菅氏は組閣を前に「規制改革を徹底してやりたい」と明言しており、行革相には発信力もある河野氏が適任と判断した。麻生氏は2012年末の第2次安倍内閣発足以降、安倍内閣を政権の屋台骨として支えており、引き続き要職に起用し、政権基盤の安定を図る狙いがある。

 茂木敏充外相(64)、梶山弘志経済産業相(64)、萩生田光一文部科学相(57)、西村康稔経済再生相(57)、公明党の赤羽一嘉国土交通相(62)、小泉進次郎環境相(39)、橋本聖子五輪相(55)は再任する。

 加藤氏の後任の厚労相には、石破派の田村憲久・元厚労相(55)を再登板させ、武田良太国家公安委員長(52)は総務相に横滑りさせる。上川陽子・元法相(67)は法相、小此木八郎・元国家公安委員長(55)は国家公安委員長で、それぞれ再入閣する。デジタル分野を担当する閣僚に平井卓也・元科学技術相(62)を充てる。

 平沢勝栄・元内閣府副大臣(75)は復興相、野上浩太郎・前官房副長官(53)は農相、坂本哲志・元総務副大臣(69)は1億総活躍相で、それぞれ初入閣する。井上信治・元環境兼内閣府副大臣(50)は、19年4月に成立した特別措置法に基づき創設される大阪・関西万博の担当相として初入閣する。

 菅氏は今回の組閣のポイントとして、改革意欲と専門性の二つを挙げていた。河野氏には省庁の縦割り打破、平井氏には菅氏肝いりの「デジタル庁」創設に向けた取り組みを、それぞれ期待しているとみられる。一方で、党内の全7派閥や無派閥からも起用し、バランスにも配慮したようだ。

 一方、自民党は15日、新たな党役員人事を決めた。二階俊博幹事長(81)が続投し、総務会長に佐藤勉・元総務相(68)が就いた。政調会長に下村博文選挙対策委員長(66)、選挙対策委員長に山口泰明組織運動本部長(71)をそれぞれ充てた。森山裕国会対策委員長(75)も続投した。

 菅総裁は16日午後の衆参両院の本会議で首相に指名され、同日中に皇居での首相親任式、閣僚認証式を経て新内閣を発足させる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1479768 0 政治 2020/09/15 22:01:00 2020/09/16 09:17:35 2020/09/16 09:17:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)