首相指名選挙、小泉環境相に丸山穂高氏が1票

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 16日の衆参両院での首相指名選挙では、自民、公明両党は自民党の菅義偉総裁に、立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は立民の枝野代表にそれぞれ一本化して投票した。菅氏は衆院で314票、参院で142票を獲得した。枝野氏は衆院134票、参院78票だった。

 このほか、衆院では、NHKから国民を守る党の丸山穂高氏が小泉環境相に1票を入れた。参院では、自民党の関口昌一氏(埼玉)が誤って白票を投じた。無所属の須藤元気、柳田稔両氏も白票だった。

 共産党が他党に票を投じたのは、1998年の民主党の菅直人代表(当時)への投票以来、22年ぶり。日本維新の会は、片山共同代表に投票した。

無断転載・複製を禁じます
1482392 0 政治 2020/09/16 17:44:00 2020/09/16 18:01:34 2020/09/16 18:01:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ